リバイブラッシュの効果の強さは?副作用の心配は?

まつげを太く長くさせる効果に期待ができるリバイブラッシュですが、リバイブラッシュのまつげへの効果はどれほどなのでしょうか?

もちろん効果が高いほ方がいいとは思いますが、あまり効果が高すぎて副作用などが起きてしまうのは心配ですよね。

リバイブラッシュの効果の強さと、まつげ美容液の副作用の関係性を紹介していきたいと思います。

リバイブラッシュの効果はどれくらい?

リバイブラッシュの効果はどれほどなのでしょうか?

リバイブラッシュには育毛剤に使用されているキャピキシルという成分を配合しています。キャピキシルは男性用育毛剤やAGA治療でも使用されている育毛効果にとても期待ができる成分です。医学的にも証明されているキャピキシルをメーカー推薦濃度の5%で配合してます。

また、育毛成分に期待ができるペプチド成分を6種類も配合しています。ペプチドはまつげ美容液には必ず配合されている成分でもあり、口コミで効果が高いと言われているまつげ美容液ほどペプチドが多く配合されています。リバイブラッシュの6種類のペプチドは十分と言えます。

このように、客観的に見てもリバイブラッシュの効果は高そうに見えます。

リバイブラッシュで副作用は考えられる?

このように、まつげへの効果の期待が高いと心配になるのが副作用ですよね。

しかし、リバイブラッシュは効果が高いからといって副作用が心配されるまつげ美容液ではありません

まつげ美容液の副作用として言われているのが色素沈着ですよね?この色素沈着が起きる原因には、まつげ美容液に含まれているある成分に関係しているのですが、その成分はリバイブラッシュは一切配合されていないことを確認できます。

ある成分というのがビマトプロストと言われる緑内障で使用されている治療成分です。ビマトプロストは医薬品であり、まつげを伸ばす効果が保証されているまつげには効果が高い成分なのですが、副作用として色素沈着が起きてしまうのです。

色素沈着意外にも目の痒みや充血などもありますので、ビマトプロストが配合されているものは選ばないほうが良いでしょう。もちろんリバイブラッシュには配合されていませんで安心して使えることが出来ます。

「まつげに効果が高いまつげ美容液は副作用がある」

といった事が言われていますが、その原因はビマトプロストだったというわけでした。

リバイブラッシュは無添加成分

リバイブラッシュは安全性が高いまつげ美容液として有名です。その理由として無添加成分で作られているということがあります。

石油系界面活性剤や合成保存料や合成着色料や防腐剤といった、刺激になる可能性のある成分は一切配合していません。

ですから間違えて目に入ってしまっても安心です。

効果が高くて安全性も高いまつげ美容液はリバイブラッシュだけですよ。

リバイブラッシュで効果が感じられない時にするべきこと